ヒアルロン酸注射で気になる部分を解消|自信のあるカラダが手に入る

女性

注射だけでたるみ解消

注射

自然な感じに仕上がる

肌のたるみの原因のひとつがヒアルロン酸の低下です。ヒアルロン酸は体の中にあり、水分を保持する役割を持っています。細胞のまわりに水分を作り、水分を通して栄養を運んだり、不要になった老廃物を体外に排出したりして細胞の機能をコントロールしています。しかし、年を取ると徐々に少なくなっていきます。コラーゲンやエラスチンなどと同じように、ヒアルロン酸の合成力が衰えていくことで、肌からみずみずしさが失われ、そしてハリがなくなっていきます。美容整形の「ヒアルロン酸注射」は、そんな美肌に欠かせない物質であるヒアルロン酸を利用して行うプチ整形です。しわやたるみが気になる部分に注射を打てば、しわの溝やわるみのへこみがなくなります。皮膚を切る整形だとダウンタイムが長く、傷あとも残ります。しかし、ヒアルロン酸注射ならノーダウンタイムで、傷あとも残らず、だれにもばれずに若返りができます。ヒアルロン酸注射はバストアップや鼻を高くするプチ整形、顎を出すプチ整形などにも使われています。豊胸手術をする勇気がなくても、注射だけのプチ整形なら気軽にできます。鼻を高くしたり、顎を出したりするプチ整形も同じように注射を打つだけです。鼻や顎にプロテーゼを入れて形を整える美容整形もありますが、異物が入れるとどうしても見た目が人工的な感じになります。また、病院で検査を受けたときにプロテーゼがレントゲンに映ります。しかし、ヒアルロン酸は自然な仕上がりになり、レントゲンにも映らないので安心です。

安全性が高い

「ヒアルロン酸注射をしてみたいけどなんとなく不安」という人も多いかと思います。ヒアルロン酸注射は拒絶反応や副作用などがほとんどない、安全性の高い施術です。美容外科で使用されるずっと前から関節痛などの治療で皮膚科で用いられているので、安全なことは証明されています。重篤な副作用の報告はなく、安全性が高いプチ整形の部類に入ります。もともとヒアルロン酸というのは体を作っているムコ多糖類の一種です。拒絶反応がないのもヒアルロン酸のメリットです。ヒアルロン酸注射の効果は商品にもよりますが、6か月〜1年ほどでなくなります。もとに戻ってしまうので、効果を長持ちさせたい場合は、6か月〜1年後に再度注入する必要があります。繰り返し注入したからといってでこぼこになったり不自然になったりすることはなく、むしろ肌のキメが整って若々しくなっていきます。もちろん一回きりでやめることも可能です。一度注射をして元に戻ると、注入前よりももっとたるみがひどくなるのではないかと思っている人もいるようですが、そういう心配は不要です。一回切りだけでやめても、何度繰り返しても肌に悪影響を与えることはないです。ただ、ヒアルロン酸は熱に弱い性質があるので、注入した部位にサーマクールやフォトフェイシャルなどの照射系の若返り治療をすると、その効果が弱くなる傾向があります。若返り系の施術と併用する場合は、最初にサーマクールなどをしてしばらく時間を置いてからヒアルロン酸を注入をするのがおすすめです。